topimage topimage

新着情報

Recent


see more

システム統合センターについて

About us


システム統合センターは,群馬大学医学部附属病院における医療業務および情報ネットワークを活用した病院情報システムの高度化・合理化・迅速化・標準化を図り、診療・教育・研究及び経営への支援を推進し、広く医学医療の発展・向上に貢献することを目的として2013年4月に医療情報部から改組されました。
医療情報分野の標準化への対応、部門システム間の円滑な接続が可能となる連携を進め、医療の質向上・効率化・医療安全・医療情報の連携活用が可能で病院職員が使いやすい病院情報システム構築をめざして活動しています。

臨床・研究・教育

Clinical support & Research & Education


システム統合センターでは大学病院としての三機能である臨床・研究・教育を主軸として活動しています。
当センターへの加入を希望する学生・社会人の方や、共同研究を希望する企業の方はCONTACTをご覧ください。
また、当センターに所属する先生方の研究テーマについて、より詳しく知りたい方は、MEMBERをご覧ください。

臨床
  1. 病院・部門システムの統合的管理及び運用
  2. 病院システム及び各部門システムの企画及び研究・開発
  3. 病院・部門システム運用者の教育・育成
  4. 院内利活用、医学研究に資する医療情報の適正な管理及び提供
  5. 情報通信技術を活用した地域連携医療を支援するシステムの企画及び研究・開発
  6. 情報通信、電力エネルギー等のインフラの整備及び強化に係る企画及び研究・開発
  7. 情報通信、電力エネルギー等のインフラの整備及び強化に係る企画及び研究・開発
  8. 院内システムを活用したビッグデータ解析による診療・研究・教育及び経営への貢献
研究
  • RFIDを用いた物品管理、業務量の定量化・高血圧症と動脈硬化
  • システム統合・標準化・自動化を中心とした、ハードウェアとソフトウェアの境界統合及び病院システム全体設計・機械学習・メッセージング機能開発
  • テキストマイニング技術を活用した医療テキストデータの分析と活用(主に一次利用)、医療ビッグデータ分析・可視化(主に二次利用)、AI/IoTを活用した先進的病院システムの開発
教育
  1. 個人情報保護や情報セキュリティー講習、採用時の病院情報システム研修、学生実習(教養および医学部専門課程)などを実施。
  2. 平成26年度から4年間、医療情報技師の育成事業を実施。
  3. 医学部教養科目の講義(情報・物理学・情報医療学など)の担当および、情報医療学講座として大学院生も受け入れています。